川崎市中原区で介護事業を中心に、誰もがいつまでも自分らしく地域で 暮らすことができるための支援活動をしている特定非営利活動法人です。

権利擁護支援

NPO法人ホッとスペース中原では、認知症,知的障害,精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々の成年後見人となり、権利を擁護する事業を行っています。ご希望の方はいつでもご相談ください。

成年後見制度とは?

認知症,知的障害,精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は,不動産や預貯金などの財産を管理したり,身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり,遺産分割の協議をしたりする必要があっても,自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。また,自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい,悪徳商法の被害にあうおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を保護し,支援(えん)するのが成年後見制度(せいねんこうけんせいど)です。

成年後見人等について

成年後見人等には,本人のためにどのような保護・支援が必要かなどの事情に応じて,家庭裁判所が選任することになります。本人の親族以外にも,法律・福祉の専門家その他の第三者や,福祉関係の公益法人その他の法人が選ばれる場合があります。成年後見人等を複数選ぶことも可能です。また,成年後見人等を監督する成年後見監督人(せいねんこうけんかんとくにん)などが選ばれることもあります。
当法人では社会福祉士の国家資格を持ったものが行います。

成年後見人等の役割

成年後見人等は,本人の生活・医療・介護・福祉など,本人の身のまわりの事柄ことがらにも目を配りながら本人を保護・支援します。しかし,成年後見人等の職務は本人の財産管理や契約などの法律行為に関するものに限られており,食事の世話や実際の介護などは,一般に成年後見人等の職務ではありません。
また,成年後見人等はその事務について家庭裁判所に報告するなどして,家庭裁判所の監督を受けることになります。

お気軽にお問い合わせください TEL 044-777-7599 〒211-0053 神奈川県川崎市中原区上小田中5-4-14

PAGETOP
Copyright © NPO法人ホッとスペース中原 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.