川崎市中原区で介護事業を中心に、誰もがいつまでも自分らしく地域で 暮らすことができるための支援活動をしている特定非営利活動法人です。

ブログ

ボランティアにきた男子高校生

今週、ある男子高校生が、調理のボランティアに来た。ホッとスペース中原では、様々なボランティアや実習生、学生を受け入れている。 さかのぼること6年前… 夏休みのある日、お母さんに背中を押され、ボランティアに来た小学5年生の …

地域の方々の「課題支援」について学びと意見交換をしました。

昨日、 地域の方々の「課題支援」について学びと意見交換をしました。 生活困窮者やアディクション、多重債務者、DV被害者、幼少期の逆境体験者、罪を犯した障碍者、引きこもり者の「支援」についてです。 大塚俊宏先生や竹島正先生 …

親睦ボーリング大会

本日、 障がい者グループホームの方々と、 支援団体の教会が 親睦と共有を目的に、 ボーリング大会を開催しました。 景品は豪華に、 1位と5位に 鎌倉山のローストビーフ300㌘です。 上位は、 ほとんどが障がい者の方々でし …

訪問介護職員の研修会

今日は 訪問介護職員さんの 研修がありました。 雨の日も、風の日も 毎日利用者さん宅へ 行って下さるヘルパーさんたちです。 その方々に質問しました。 「あなたはなぜこの活動をするのですか。 自分のためと 社会のために必要 …

今年も雑誌 「シニア.コミュニティ」 で代表の連載が始まりました。

今年も雑誌 「シニア.コミュニティ」 で代表の連載が始まりました。 この雑誌は、 医療と介護の経営ジャーナルで 隔月号です。 ただの経営ジャーナルではありません。 大きなスポンサーや後ろだてがないのです。 編集長からは、 …

新年の歩み

遅ればせながら、、、 新年おめでとうございます。 年が明けて早くも半月が経ち、新たな歩みが始まっています。 昨年末、 私たちはNさんを天に見送った。 その昔、知的障害者は「精神薄弱者」「知恵おくれ」と言われ、社会や地域か …

ホッとスペース中原で葬儀を希望された方が本日死去

人は突然亡くなる。 ホッとスペース中原で 葬儀を希望されていたAさんが 本日死去。 透析をすれば 生き延びることができたのに 拒否をして逝った。 痛く惨めな姿を晒して みんなに迷惑や心配をかけたくないと言う死生観。 そこ …

明けましておめでとうございます。

「人間は、自然のうちで最も弱い一本の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である。(中略)われわれの尊厳のすべては、考えることのなかにある。」(パスカルの「パンセ」) 私たちは改めて「弱いまま」からはじめる。 なぜなら上記の …

亡くなってから収骨までの一連のことを頼まれた。

昨日、 ある人から 亡くなってから 集骨までの一連のことを頼まれた。 我が事業所の福祉を利用している70歳代の独居の方だ。 安置や葬儀の流れ、お別れの方法など リクエストを聞きながら決めた。 流す曲から料理まで決めた。 …

木原活信さんをお迎えしました。

  本日、 ホッとスペース中原創立20年記念講演会として、木原活信さん(同志社大学社会福祉学部教授)をお迎えし開催しました。 約60名の方々が 聞いてくださいました。   ケアとは、 ①一人の人をも失 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © NPO法人ホッとスペース中原 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.